img-1

発毛を妨げる要因について

発毛を妨げる要因として第一に考えられているものは男性ホルモンの中に含まれている、毛根で髪の毛ができるのを阻害する物質で、これが多いか少ないかによって、将来の髪の毛の量が決定付けられるので、薄毛が多い家系の人は注意をしなければなりません。



ただ注意をするだけではこの物質の働きは止められないことがわかっているので、髪の毛が減り始めたら早めにAGA専門のクリニックを受診する必要があります。



一般的な皮膚科でもAGAを診察してもらえるのですが、基本的には薬が処方されるだけなので、専門のクリニックに比べると効果が低くなります。



遺伝的には何の問題もないのにもかかわらず髪の毛が減っている場合にはストレスによる脱毛が考えられる原因で、ストレスによって体の中に炎症反応が起きることで、ビタミンCや亜鉛等の大切な栄養素が不足してしまいます。



これらが不足することで爪や髪の毛などが作られにくくなるので、発毛しても細く短い髪の毛であったり、細いまま抜けてしまうことがあります。



これを防ぐためにはストレスの原因を取り除くしかないのですが、抗不安薬などを服用することで睡眠時間を増やして、栄養をきちんと摂取することで、健康な髪の毛の発毛を促すことができます。



また頭皮をマッサージすることで血流がよくなるので、栄養素が運ばれやすくなります。



また毛根に詰まっている脂肪分が取り除かれるので、太くて健康な髪の毛が生えやすくなります。



関連リンク

img-2

発毛剤による初期脱毛現象

市販の発毛剤としては有効成分としてミノキシジルなどの化学物質を配合したものがよく知られていますが、こうした発毛剤をせっかく頭皮に塗布したにもかかわらず、かえって抜け毛がひどくなったのではないかと思われる現象が、ちょうど使いたてのころにあらわれることがあります。これは初期脱毛とよばれる現象で、発毛剤を使用した際には概してよく起きる現象のひとつですので、特段の心配はありません。...

more
img-3

発毛を阻害する原因物質

普通の人の場合は50歳くらいまでは健康的な髪の毛が生え続けるのですが、髪の毛の成長を阻害する生活習慣の人は、髪の毛が発毛しても太くなる前に抜け落ちてしまうので、細い毛が多くなってしまいます。原因となるものは多くあり、その中でもタバコは髪の毛の健康に大きな悪影響を及ぼすとされている原因物質のひとつで、ニコチンを体内で吸収することで、血管が収縮してしまうので、必要な栄養素が髪の毛に届きません。...

more