img-1

発毛を阻害する原因物質

普通の人の場合は50歳くらいまでは健康的な髪の毛が生え続けるのですが、髪の毛の成長を阻害する生活習慣の人は、髪の毛が発毛しても太くなる前に抜け落ちてしまうので、細い毛が多くなってしまいます。



原因となるものは多くあり、その中でもタバコは髪の毛の健康に大きな悪影響を及ぼすとされている原因物質のひとつで、ニコチンを体内で吸収することで、血管が収縮してしまうので、必要な栄養素が髪の毛に届きません。



タバコを吸う女性の顔がしわだらけになるのも、同じ原理で、血管が収縮してしまうことで毛細血管まで栄養が届かないので皮膚の細胞が破壊されることで、しわが増えます。



発毛を阻害する生活習慣としてはアルコールも飲みすぎると髪の毛の成長を阻害する原因となりますが、適度に飲んでいる場合には血流がよくなり、ストレスも解消されるので良い影響があります。



しかしアルコールを摂取しすぎると肝臓が弱ってしまったり、寝つきが悪くなるので、発毛した髪の毛が成長する前に抜け落ちてしまいます。



細い毛が枕などについているときは、AGAが進行している状態なので、生活習慣を見直して、改善できる部分はしっかりと直していく努力が必要です。



髪の毛を健康に保つためには食生活で栄養バランスを考えて、さらに睡眠時間などをしっかりと確保することで、発毛した髪の毛が健康に育つのを助けますが、タバコなどの悪い習慣を続けていると将来的に薄毛になるリスクが高まります。





関連リンク

img-2

発毛を妨げる要因について

発毛を妨げる要因として第一に考えられているものは男性ホルモンの中に含まれている、毛根で髪の毛ができるのを阻害する物質で、これが多いか少ないかによって、将来の髪の毛の量が決定付けられるので、薄毛が多い家系の人は注意をしなければなりません。ただ注意をするだけではこの物質の働きは止められないことがわかっているので、髪の毛が減り始めたら早めにAGA専門のクリニックを受診する必要があります。...

more
img-3

冬の娯楽の王道はスキーツアー

冬の楽しみといえば冬にしか出来ないことや、冬が旬の食べ物を味わうなどがあります。食べ物で言うとやはり鍋がメインでしょう。...

more